HOME>>金属屋根シリーズ>>ICカバールーフ 780
※ICカバールーフ780 断熱工法はこちら
 
下地の桟木が不要です。
  ICカバールーフは、既存大波スレート屋根のフック
  ボルトを活用して固定する工法で、下地の桟木が不
  要です。
軽くて丈夫、地震対策に有効です。
  桟木あり工法に比べ屋根にかかる負担が軽減でき、
  地震や耐風圧に有効で、完成後の維持費も削減でき
  ます。
トータルコストが削減できます。
  屋根材の働き幅が780と広いので、スピーディーに
  施工できます。桟木がいらないので材料費・施工費が
  抑えられます。
室内環境を維持したまま作業できます。
  今まで通りの使用状況を維持しながら施工でき、室
  内の養生も他の工法に比べ簡易です。
標準仕様  断面図
板 厚  0.5mm、0.6mm
働き幅  780mm
使用原板幅  914mm
屋根勾配  30/100以上
重 量  0.5mm 3.77kg/m(4.83kg/u)
 0.6mm 4.49kg/m(5.76kg/u)
断熱材
(オプション)
 ポリエチレンフォーム4mm
 カルフォミクス8mm
 
ラジアル加工品
ICカバールーフ780に対応した「ラジアル
  加工品」は、大波スレート屋根改修の専用
  工法です。
軒先の風雨の吹込み
  防止や棟・片棟などの
  雨仕舞がスピーディに
  施工でき、重厚で風格
  のある意匠効果が得ら
  れます。