HOME>>IC角はぜ折板K-500>>折板二重葺き工法
  
  断面形状(参考図) 
折板二重葺き断熱工法はIC角はぜ折板を二重に
  葺き、間に断熱材を挟んだ工法です。
屋根上の外気からの熱貫流量を減らし室内の温度
  変化を小さくすることで冷暖房費の節約につながります。
IC角はぜ折板K-500は屋根耐火30分認定を取得して
  います。
  用   途 
 工場、倉庫、事務所、店舗、集会場、体育館、
 レジャー施設など、屋根と天井の意匠を一体化
 した大スパン建物。
  屋根30分耐火仕様 
屋根材 IC角はぜ折板K-500(働き幅500mm) 断熱材仕様(グラスウール 100mm)
認定番号 FP030RF-0162 FP030RF-1494
上 葺 0.8mm以上 0.8〜1.2mm
下 葺 0.6mm以上 0.6〜1.2mm
支持間隔 4m以下 5m以下
断 熱 材  グラスウール厚さ 100mm以上
 密度 10kg/m3以上
 ※FP030RF-1494はロックウールも可
10kg/m3 16kg/m3 24kg/m3
熱伝導率
(W/mK)
0.050 0.045 0.038
熱抵抗値
(m2・K/W)
2.0 2.2 2.6
※硝子繊維協会資料抜粋
  規 格 部 品 
断熱用金具 スライド金具
スライド断熱金具