HOME>>改修工法>>ワイルキャッチ工法
         
小波スレート外壁改修  ベース金具・小波スレート用
 
小波スレート外壁の上から既存の胴縁に
ベース金具をビスで固定。
キャッチフレームを嵌合させ胴縁を新設します。
ベース金具 ベース金具を胴縁へビス留め キャッチフレームの取付け
▼改修中(断熱工法)   ▼改修後

(断熱材・積水化学工業フェノバボード)




  
金属サイディング改修
既存の金属サイディングもベース金具フラット外壁用を使い
剥がさず改修できます。
ベース金具・フラット外壁用
▼改修前   ▼改修後





ALC・RC外壁改修
外壁にALC用アンカーやRC用アンカーを取付けます。
次に万能嵌合金具(MP-10)を留め付け、キャッチフレームを
嵌合させて新しい胴縁を新設します。
※アンカーの施工は、メーカーの手順書に従ってください。
 推奨メーカー/●日本パワーファスニング株式会社
 六角ボルト+ALC用ターボアンカーK10の施工手順
   
   

 タップスターの施工手順
RC用タップスター @所定の径、深さで穴あけ Aダストポンプなどで粉の清掃

Bインパクトドライバで所定の深さまでねじ込み Cナットでベース金具を固定
▼改修前   ▼改修後(セルディー&パルディー)





▼既存ALCにワイルキャッチ工法にて胴縁を新設。